シェア畑深大寺「夏野菜の苗の植付、植えた後の野菜のお世話」講習会が行われました。

ゴールデンウィークが始まり、今日のシェア畑深大寺はよく晴れました。
少し風がありますが、まあまあ穏やかな感じです。

今日は「夏野菜の苗の植付、植えた後の野菜のお世話」講習会が開催されました。
夏野菜の苗が届き、畝に穴をあけて、苗を植えていきます。
2017-04-30_10-12-20.JPG

キュウリ・ナス・トマト(ミニトマト)・ピーマンを1本ずつ選んで、ポットに充分に水を吸わせます。
その後、マルチカッターでマルチに穴を開け、水を入れ、水が引いたらポットから出した苗を植え込みます。
風対策として、支柱を斜めに挿して、麻紐で苗を固定します。
2017-04-30_10-20-56.JPG
ここまでが一連の作業です。
余裕がある場合は、キュウリの為の合掌造りの支柱を作り、ネットを張ります。

農作業日和の中、沢山の利用者の方が訪れ、賑やかなシェア畑深大寺でした。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック