シェア畑深大寺 【各夏野菜のお世話】講習会が開催されました。

5月も半分を過ぎ、段々と暑くなってきました。
今日も日差しが強く照り付けていました。

夏野菜の植付が終わり、今日は【各夏野菜のお世話】講習会が開かれました。
アドバイザーから各夏野菜のお世話についてお話がありました。
(ミニ)トマト、キュウリ、ナス、ピーマンについて夫々お世話の仕方が異なります。
特に脇芽の扱いが異なります。
トマトは全体的に脇芽を取っていきますが、ナスは花の下の方の脇芽を取ったりと種類ごとに覚える必要があります。
それと苗が伸びるとどうしても風等で倒れガチになります。
2017-05-20_10-28-50.JPG
そこで支柱を立てて、そこに誘引のヒモを付けて苗を守ります。
支柱も種類ごとに異なり、トマトは背が高くなるので長い支柱だったり、ナスは3つに枝分かれさせるのでそのための支柱が必要だったりと夫々異なる形態になります。

既に花が咲いている苗もあったりと楽しみな季節です。
これから本格的な成長期を迎え、益々苗が大きくなるのがワクワクするシェア畑深大寺です。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック