シェア畑深大寺 【秋冬野菜の土づくり、ジャガイモの植付とニンジンの種まき】講習会が開催されました。

8月に入りましたが、毎日雨続きのシェア畑深大寺です。

今日から【秋冬野菜の土づくり、ジャガイモの植付とニンジンの種まき】の講習会が始まりました。
今月末まで数回に渡り講習会が開催されます。

本日新しいテキスト「野菜づくりBOOK栽培編2017秋冬」が配布されました。

2017-08-18_10-46-02.JPG
最初に秋冬野菜を作るために畑の土づくりの講義がありました。
夏野菜が残っている場合は、その後片付けをしてからになります。

手順としては、鍬等でよく耕して、土をフカフカにし、根っこなどを取り除きます。
肥料を混ぜて良くかき回し、マルチを掛けます。

アドバイザーにより土づくりの実演もなされました。
土づくりの重要性が強調されました。
有機肥料を微生物に分解してもらい、無機物に変えてもらわないと、植物は吸収できないそうです。
そのためにもある程度の時間が必要なので、マルチを張って暫く寝かせます。
マルチにも沢山の役割があることも教えてもらいました。

今後、シェア畑深大寺では、夏野菜から秋冬野菜への切り替え作業で賑やかになると思います。
イベントとして、20日(日曜日)には15時から納涼祭も予定されています。

この記事へのコメント